高級品は使わない!30代でも20代の頃より落ち着いた肌へ

【ブランド思考からプチプラ思考へ】

20代前半の頃は、有名な女優さんがCMに出ている商品や、好きなタレントさんがSNSで紹介している商品を使っていました。

お金をかければかけるほど良いと思っていました。

でも現実は、続けるにはそれなりにお金が必要。もったいないからと適量より少ない量を使ったりして、私には少しきついことに気付きました。

そこで26歳の頃に思い切って、プチプラの物に変えてみました。

安かろう悪かろうと思っていたのにびっくり!全然質が良い!そして適量をちゃんと使っているからか、肌の調子が明らかに良くなりました。

やっぱりケチって少量しか使わないのは良くないと、身を持って実感しました!

ただ、アラサーは現実なので気になるシミ対策の美容液は高級な物を使っています。一点ブランド思考です。

【とにかく保湿!保湿!保湿!】

お手頃スキンケアに変えたからには、少し手間も加えました。

シワもたるみもほうれい線も、基本的には保湿をすることで防げる事が多いらしいので、とにかく保湿を意識しています。

お風呂に入る前にととのうみすと(http://www.saint-sulpice.org/)を使って顔表面の汚れを落として毛穴をスッキリします。

お風呂を出たら、とにかくすぐオイルで肌を柔らかくしてから化粧水を付けます。

こうすると、オイルが導入液の役割をしてくれるので、化粧水がとても浸透してくれます。

しっかり手で水分を中に押し込んだら、ブランドの美白美容液。それから乳液やクリームでフタをします。
最後は全パーツ掌を5秒ずつ押し当て、手の熱で水分油分を閉じ込めます。

首も年齢が出やすいので一緒にやっています。

お金をたくさんかけなくても、意識するだけで20代の頃より肌が落ち着いています。

気にかけてやることこそが大切

バストの大部分は脂肪で出来ているそうです。

となると制御不能なのではとダイエット経験のある女性であれば諦めてしまうものでしょう。でもそんなことはありません。

その昔、左右きちんとそろっていたはずの私の胸は異性に触られることでサイズが違ってきたのです。

やはり右利き左利きで癖があるのか、どうしても同じ側ばかり触れられる回数が増えるのでそれが乳腺の発達につながり、引いては片側のみのバストアップとなったのでしょう。

残念ながらその男性とは別れることとなってしまいましたが、一方だけが胸の小さな残念な体が残ってもそれほど悲観することはありませんでした。

その小さな側を丹念にもんでやることで、今はもう左右の違いは分からなくなっています。

リゾレーヌも飲んだことでバランスよくなってきました。

それに伴って失恋の心の傷も癒えてきました。愛してもらえなかった側の胸をいつくしむことは捨てられた自分を癒してやることにもつながるのでしょう。

今の主人は胸のサイズにはこだわらない私の心だけを見てくれる人、でもやはりふっくらとした胸元は女性らしさの象徴でありいつまでも美しくありたいものです。

だからこそ、今は左右両方を均一にもんで撫でてと触れてやっています。お風呂に入っている時にだけですが、きっとこれがバストアップにつながると信じているのです。

心のありようがそのまま表れる器官、決して制御不能の脂肪だけの塊ではありません。

クレンジングオイルの負担を減らせる乳化とは

どんなメイクもスルっと落とせるクレンジングオイルですが、肌への負担が大きいと言われ敬遠している方もいますよね。とは言っても便利なのは事実です。

強力なメイクも確実に落とせるし、他のクレンジング剤と比べて簡単です。そこで、肌への負担を減らせるクレンジングオイルの使用法をご紹介します。

そもそも、なぜクレンジングオイルが肌に悪いと言われているのでしょうか。クレンジングオイルは、メイクとなじむオイル成分と、水となじむ界面活性剤でできています。

問題はこの界面活性剤が肌に付着することで、肌に必要な皮脂まで一緒に落としてしまう点です。皮脂が必要以上に除去されてしまうことで、肌トラブルや乾燥につながります。

更に問題なのは、すすぎに時間がかかることです。オイルが完全に落ちるまですすぐので、肌が摩擦で傷むんです。

クレンジングオイルで肌を傷めないためには、界面活性剤が触れる時間を短くし、すすぎによる摩擦を減らすことです。

そこで必要なのが乳化です。乳化とは、油と水を混ぜることで乳白色になることを言います。

メイクは油なのでクレンジングオイルとよくなじみますが、これだけでは水で流しても落ちてはくれません。水と油は混ざり合わないからです。

そこで、界面活性剤の力で水と油を混ぜるわけですが、乳化することで素早く肌から油を取り去ることができます。

乳化の方法は、クレンジングオイルを流す前に、少量のぬるま湯を顔になじませるだけです。指先に少しぬるま湯をつけ、それをオイルとなじませます。

ポイントは、少しずつぬるま湯を足すことです。オイルが白くなって感触が変わったら、後はやさしくすすぐだけ。

驚くほど短時間で、すっきりとメイクとオイルを落とすことができます。すすぎ前のひと手間で、やさしいオイルクレンジングを実現してください。

クレンジングの後はどろあわわを使ってみましょう。泥泡洗顔でとても気持ちよく洗顔できますよ。

コスパ重視でケアをしてます

お金をかけすぎず、効果の高い商品をメインにヘアケアを行っています。

パーマ・カラーを頻繁にするので髪の毛が痛みやすく、パサつき・広がりが気になっています。

それに加えて30代に入ってから、白髪がちょこちょこ生えてきました。

美容師さんに上記の髪の毛の悩みを聞いたところパサつき・広がりは保湿を重視すること、白髪は体質もあるが、髪の毛の血流をよくして髪ストレスを減らすことを行うと良いと聞いてそれを重視してケアに取り組んでいます。

シャンプー・リンスは無印良品のエイジングケアシリーズを使用しています。

シャンプーなどは基本、美容室で売っているものがベストらしいのですが、お値段がそれなりの値段で、私の給料ではそこにお金をかけられないので、youtubeで美容師さんや美容家の方たちがコスパ的にオススメNO1の無印良品のエイジングケアを使用するようになりました。

洗いあがりもよく、指通りも滑らかでドラックストアで売ってる既製品のシャンプーよりいいなと実感しています。

香りもホテルのロビーでアロマとして使っていそうなフローラルな香りでとても気にっています。
さすが、プロオススメ商品だなと思いました。

ヘアオイルは、知り合いの美容家にオススメされたアロマオイルをネット販売しているyuicaというお店の米ぬかオイルをヘアオイルとして使用しています。

本当はエメリルオイルが買いたいんだけど、人気な商品なので、なかなか手に入らないんですよね。エメリルオイルは楽天で買うって人もいるかもしれませんが、公式サイトで買った方がはるかに安いですし、正規品なので、商品も安心して使えます。

通常はお肌用ですが、私はオイリー肌だったので肌に合わず、髪に使用したところ髪の艶がでたのでそのまま使用してます。

タオルドライしたあとオイルをつけてドライヤーで乾かしてケアをしています。水分蒸発を防ぐのに役立っています。

AAからの脱却を目指して!

私は高校一年生の時、Aカップより更に小さいAAカップでした。
私が所属していた手芸部は女子ばかり。その中で一番小さくいじられることが多かったです。

その当時「鶏肉やキャベツをたくさん食べると胸が大きくなる!」とよく雑誌に書いてあったので、お母さんに「ダイエット中だから!」と半ば強引に毎日すごい量の鶏肉・キャベツを出してもらいましたがあまり変わらず・・・。

その次に手を出した豆乳は少し効果があったように感じました。毎日紙パックの豆乳を休み時間に飲んでいました。リゾレーヌというサプリも一緒に飲んでみて、もちろん成長期もありますが、気付くとDカップに。

リゾレーヌの販売店は公式がおすすめです。安く手に入るし。

その頃は親が買ってきた下着をつけていたのですが、友達からオススメされてしっかり支えてくれるタイプのブラを使い始めたのも良かったかもしれません。

ただ、豆乳にはひとつだけデメリットがありました。
腰回りに肉がつくんです!

お尻周りがムチムチしてきたのを感じて豆乳は飲むのをやめました・・・。

それから、ダイエットを始めました。しかしせっかくついた胸が小さくなるのが怖く、バストアップに効く筋トレやストレッチをネットや雑誌で調べまくり実践しました。
個人で気には胸を支えている筋肉に力をいれる筋トレやが効いた感じがしました。

高校3年生の時にはEカップになりました。
今でもたまに筋トレやストレッチは続けています。