クレンジングオイルの負担を減らせる乳化とは

どんなメイクもスルっと落とせるクレンジングオイルですが、肌への負担が大きいと言われ敬遠している方もいますよね。とは言っても便利なのは事実です。

強力なメイクも確実に落とせるし、他のクレンジング剤と比べて簡単です。そこで、肌への負担を減らせるクレンジングオイルの使用法をご紹介します。

そもそも、なぜクレンジングオイルが肌に悪いと言われているのでしょうか。クレンジングオイルは、メイクとなじむオイル成分と、水となじむ界面活性剤でできています。

問題はこの界面活性剤が肌に付着することで、肌に必要な皮脂まで一緒に落としてしまう点です。皮脂が必要以上に除去されてしまうことで、肌トラブルや乾燥につながります。

更に問題なのは、すすぎに時間がかかることです。オイルが完全に落ちるまですすぐので、肌が摩擦で傷むんです。

クレンジングオイルで肌を傷めないためには、界面活性剤が触れる時間を短くし、すすぎによる摩擦を減らすことです。

そこで必要なのが乳化です。乳化とは、油と水を混ぜることで乳白色になることを言います。

メイクは油なのでクレンジングオイルとよくなじみますが、これだけでは水で流しても落ちてはくれません。水と油は混ざり合わないからです。

そこで、界面活性剤の力で水と油を混ぜるわけですが、乳化することで素早く肌から油を取り去ることができます。

乳化の方法は、クレンジングオイルを流す前に、少量のぬるま湯を顔になじませるだけです。指先に少しぬるま湯をつけ、それをオイルとなじませます。

ポイントは、少しずつぬるま湯を足すことです。オイルが白くなって感触が変わったら、後はやさしくすすぐだけ。

驚くほど短時間で、すっきりとメイクとオイルを落とすことができます。すすぎ前のひと手間で、やさしいオイルクレンジングを実現してください。

クレンジングの後はどろあわわを使ってみましょう。泥泡洗顔でとても気持ちよく洗顔できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です